住所:〒949-6553 新潟県南魚沼市清水
電話:025-782-3473
木の花
logo11
アオダモ
アオダモ20070602
2007年6月2日(花)
モクセイ科トネリコ属 Fraxinus lanuginosa f. serrata
別名:コバノトネリコ、野球のバットの材料として使われる
アカモノ
アカモノ
2017年6月3日(花)
ツツジ科シラタマノキ属 Gaultheria adenothrix
初夏に花を咲かせ、秋に赤い実をつける低木。別名、イワハゼ。
アブラチャン
アブラチャン20110521 アブラチャン実20150829
2011年5月21日(花)  2016年8月29日(実)
クスノキ科クロモジ属 Parabenzoin praecox
花期に葉がない
イタヤカエデ
イタヤカエデ
2017年5月31日(実)
ムクロジ科カエデ属  Acer mono maxim.
亜種、変種がたくさんある。
イヌコリヤナギ
イヌコリヤナギ2007-0602
2007年6月2日(実)
ヤナギ科ヤナギ属 Salix integra
かつて柳行李の材料として使われた
イワナシ
イワナシ20150517 イワナシ2008-0516
2015年5月17日
ツツジ科イワナシ属 Epigaea asiatica
背丈が10~15cmほどの常緑低木。あまり見ない。
ウリハダカエデ
ウリハダカエデ2007-0602 ウリハダカエデ2014-1018
2007年6月2日(花)  2014年10月18日
ムクロジ科カエデ属 Acer rufinerve
紅葉が美しい。
ウワミズザクラ
ウワミズザクラ1 ウワミズザクラ3
2017年6月3日  2017年6月3日
バラ科ウワミズザクラ属 Padus grayana
日当たりのよい谷間や沢の斜面などに生える。
オオカメノキ
ƒオオカメノキ2011.0521 オオカメノキ2011.0521-1
2011年5月21日  2011年5月21日
スイカズラ科ムシカリ属 Viburnum furcatum
別名 ムシカリ。高さ3~6mになる落葉低木。
オオキツネヤナギ
オオキツネヤナギ20110521
 2016年8月29日
ヤナギ科ヤナギ属 Salix futura
高さ2m程度の落葉低木。葉がヤナギ属の中で最大。
オオバクロモジ
オオバクロモジ2013-0518 オオバクロモジ2007-0602
2013年5月18日(雌花)  2008年6月2日(雄花)
クスノキ科クロモジ属 Lindera umbellata
花期に葉がある。枝が高級楊枝の黒文字の材料となる。
オクチョウジザクラ
チョウジザクラ20110521 チョウジザクラ20110521-1
2011年5月21日  2011年5月21日
バラ科サクラ属 Prunus apetara var. pilosa
萼筒が長く、花と併せて横から見ると丁字に見える。日本海側特有。
オニグルミ
オニグルミ オニグルミ
2017年8月27日  2017年8月27日
クルミ科クルミ属 Juglans mandshurica var. sieboldiana
実は核の部分が固く、凹凸が大きい。材は固く滑らかで狂いが少ないので銃床として使われた。
ガクウラジロヨウラク
ガクウラジロヨウラク
2017年6月3日
ツツジ科ヨウラクツツジ属  Menziesia multiflora var. longicalyx
枝の先に5から10個の釣り鐘形の花が咲く落葉低木。ガク片が短いウラジロヨウラクの変種。
キブシ
キブシ20110521 キブシ2015.0829
2011年5月21日  2015年8月29日(実)
キブシ科キブシ属 Stachyurus praecox
高さ2m~4m程度の落葉低木。
クマノミズキ
クマノミズキ20150829
2015年8月29日
ミズキ科ミズキ属 Swida macrophylla
高さ8~12mの落葉高木。ミズキに似ているが開花が遅い。
コブシ
コブシ20110521
2011年5月21日
モクレン科モクレン属 Magnolia kobus
高さ18mにも達する落葉高木。花の下に小さな葉が1枚付く。
サワグルミ
サワグルミ2011.0521
2011年5月21日
クルミ科サワグルミ属 Pterocarya rhoifolia
高さ30mにも達する落葉高木。
サワフタギ
サワフタギ20160522 サワフタギ20150829
2016年5月22日  2015年8月29日(実)
ハイノキ科ハイノキ属 Symplocos chinensis
高さ2~4mの落葉低木。実は瑠璃色になる。
シャクナゲ
シャクナゲ20110521 シャクナゲ20160521-1
2011年5月21日  2016年5月21日
ツツジ科ツツジ属 Rhododendron degronianum
花冠は七裂するが、五裂するアズマシャクナゲも混在。
タニウツギ
タニウツギ20140601 タニウツギ20160522
2014年6月1日  2016年5月22日
スイカズラ科タニウツギ属 Aster iinumae, Kalimeris pinnatifida
落葉低木。
タムシバ
タムシバ0110520 タムシバ20110521
2011年5月20日  2011年5月21日
モクレン科モクレン属 Magnolia salicifolia
コブシとよく似ているが、花の真下に一枚の小さな葉をつけるのがコブシで、タムシバには葉はない。葉は、柳の葉のように細い。
トチノキ
トチノキ2007-0602 トチノキ1
2007年6月2日(花) 2017年6月3日
トチノキ科トチノキ属 Aesculus turbinata
栃木県の県木。フランス語では、マロニエ。実は、古くから渋抜きをして食用になっており、縄文時代の遺跡からも出土する。
ノブドウ
ノブドウ
2017年8月29日
ブドウ科ノブドウ属 Ampelopsis glandulosa var. heterophylla
落葉蔓性木本。果実は、紫色や碧色などになりきれいだが、味が悪く食べられない。
フジ
フジ20140601 フジ20150516
2017年6月2日  2015年5月16日
マメ科フジ属 Wisteria floribunda
蔓性。(右巻き)
ホオノキ
ホオノキ(花) ホオノキ20160522
2017年6月2日 2016年5月22日
モクレン科モクレン属 Magnolia obovata
生薬・厚朴。葉が大きく、古くから食器がわりに用いられてきた。
ボタンヅル
ボタンヅル
2017年8月26日
キンポウゲ科センニンソウ属 Clematis apiifolia
落葉つる性半低木。有毒。
ホツツジ
ホツツジ20160828 ホツツジ
2016年8月28日  2017年8月26日
ツツジ科ホツツジ属 Elliottia paniculata
落葉低木。有毒。
マルバマンサク
マルバマンサク マルバマンサク
2011年5月21日 2017年6月3日
マンサク科マンサク属 Hamamelis japonica var. obtusata
落葉低木。春先に「まず咲く」が名前の由来。葉の形が丸く、日本海側特有の種。
ミツバアケビ
ミツバアケビ20110521 ミツバアケビ20120818
2011年5月21日(花)  2012年8月18日(実)
アケビ科アケビ属 Akebia trifoliata
蔓性。雌雄異花。春先の若い蔓は「木の芽」として食される。利尿、水腫を消す生薬として用いられる。
ムラサキヤシオツツジ
ムラサキヤシオ20110521 ムラサキヤシオ2008,0517
2011年5月21日 2008年5月17日
ツツジ科ツツジ属 Rhododendron Albrechtii
落葉低木。花が咲くのと葉が出るのがほぼ同時。威守松山に多い。
ユキツバキ
ユキツバキ20110521 ユキツバキ20120522
2011年5月21日  2012年5月22日
ツバキ科ツバキ属 Camellia rusticana
日本海側に多い。新潟県の木。長いこと、重い雪の下に埋まって冬を越すため、その幹は斜面に沿って曲がり、強靭であり、直立した株は殆ど見当たらない。ヤブツバキはカップ状に花が咲くが、ユキツバキは平らに開く。雄蕊の芯が黄色。
リョウブ
リョウブ20150829
2015年8月29日
リョウブ科リョウブ属 Clethra barbinervis
落葉小高木。令法・救荒食物。樹皮は薄く剥がれ、茶褐色となる。